おつカレー様です!

今日のブログも新幹線です。先週何度も新幹線の現場へ行ったので興奮冷めない感じなカレー王子こと江口組4代目の江口充です!

大注目だったあの場所に行ってきました!

先週は3箇所ほど北陸新幹線の現場へと行っております。

奥村・加賀・江口JVの工区は小松駅を中心に2.6kmの区間に及び高架橋の工事をしています。長い長い距離の新幹線高架橋を造っております。

何もないところに高架橋を造り、地図に新しい新幹線の線路を描いています。

先週行った1つの箇所は去年の11月に大注目となったあの場所です。

小松市の北浅井交差点の桁架け工事が行われました。

長さ71m、重さ760t

この北浅井交差点に架かった桁の大きさは

長さ71m、幅38、そして重さ760tというバカでかい桁です。

この桁が交差点に架かる日は2晩交差点を通行止めにして、工事が行われました。

1日目の工事の時は僕も家族で見学に行きました。現場は多くの方が見学に訪れ、報道関係の方もたくさん!まるでお祭りのような賑わいでした!

大きさも施工方法も半端なかった!

国道305号線を通行止めにして夜間工事でした。

バカでかい桁を運ぶのもバカでかい台車。見応えたっぷりの桁架け工事、工事している全てのことに圧倒された現場でした!

そして、朝明るくなって現場を見に行くと桁の迫力にまた圧倒されました!!

その上を歩いてみると感動です・・・

そしてこないだですが、その大きな桁の上を歩きました。

感動ですね!

完成した桁の上部

あの時のすごい工事を思い出し、あの桁の上を歩いていると思うと鳥肌もんでした!!

北浅井交差点の上は何もなかったのに、桁が架かり新幹線の高架橋がつながりました。そしてそれが金沢を通り東京へ!

反対方向は福井へ!さらに将来は大阪へとつながります。

なんかすごいな・・・

工事の規模も大きいですが、いろんなもののスケールが大きすぎます!!

こんな素晴らしい工事に携われていることに感謝です!

早く繋がって新幹線に乗ってこの場所を通ってみたいもんです(^^)

関連記事、人気記事はこちら!

小松市で一番高い場所を通る新幹線の現場を見学してきました

北陸新幹線から学ぶ飛翔会。若手社員と新幹線の現場見学会へ!!

江口組には先輩社員が若手社員を一生懸命に応援する風土があります!

常識を打破り、楽しいを発信するCHIKACO姉さんは江口組の広報姉さん!

これからの時代はスマートゼネコンマン!!工事現場は大きく変わります