おつカレーさまです!!

今日は第4回のSNS勉強会を車内で開催したカレー王子こと江口組4代目の江口充です。

社内のSNSを頑張るために集まったメンバーが参加してる勉強会です。開始から約1ヶ月半ほどが経ちました。ちょうど中だるみというか、少し気持ちが離れ出す時でもあるかなって思います。

参加したみんなには初心を忘れずに頑張って欲しいです!!

江口組の仕事は土木。そして現場監督です

建設業で働くといっても、いろんな職種があります。

その中で江口組の仕事は土木。そして現場監督という仕事をしています。

工事現場で見かけるユンボを運転したり、スコップを持って作業したりする仕事ではありません。

運転手や作業員のみんなをまとめる仕事が現場監督です。

野球やサッカーにも監督がいます。

そんな監督のように、チームが試合に勝つために、どの選手を起用するか、どんな作戦で攻撃し守備をするかなどを考え実践することが現場監督の仕事です。

現場監督にとって試合は現場のこと。

そして試合に勝つっていうことは、イイものを造ること、地域の皆さんに喜んでもらうこと、お客様から高評価を得ること。

そのために、現場のみんなと力を合わせて一つのチームとなって頑張っています。

また現場監督はいろんなことができます。

誰をどのポジションで、いつ起用するかを決める。いくらの契約で働いでもらうか決める。どんな作戦(やり方、作業手順)を立てるか決める。

監督として決断をしなくてはいけないことがあるし、責任はあるけどその分やりがいが沢山あります!

現場監督は現場代理人にもなります。誰の代理の代理人か?

現場監督は代理人と言われます。その代理とは誰の代理のことなのか?

それは社長の代理です。社長の代理として現場の采配をふるいます。

社長から現場の全てを一任されています。

江口組では社長が現場のことに細かく指図をすることがありません。現場監督を信頼し全てを任せています。

だから、それぞれのスタッフがそれぞれの個性を発揮し、現場監督の仕事をしています。江口組には個性豊かな現場が揃っています。

入社してすぐになれるわけじゃありません。

でも誰もが、入社してすぐに現場監督として活躍できるわけではありません。経験を積み、勉強をし、成長しなければいけませんし、資格も必要となります。

こうやって聞くと「大丈夫かな〜??」って心配になってり不安になったりするかもしれませんよね。

でも大丈夫です。安心してください。一人前の現場監督になるために、若い社員を応援します!

優しい先輩たちが現場では一緒についてくれて、仕事の手順を教え、わからないことがあったら教えてくれます。

また現場監督として必要な知識や試験対策などの勉強会(飛翔会)を毎月1回開催しています。

そして働きだすと新しい環境や慣れない環境で悩むこともあります。

少しでも、その悩みを和らげ解決できたらと、先輩が相談にのってくれ、何でも話すことができる環境が江口組にはあるのです。

いろいろな面で若い力をサポートしている江口組です。

江口組には一人前の現場監督になるために、先輩社員が若手社員を一生懸命に応援する風土があります。

若手を応援し、そして一緒に成長していくそんな会社が江口組です!!

関連記事、人気記事はこちら!

ESP(Eguchi Smile Project)の活躍あってのボランティア活動

エクスマのおかげでなりたい自分そして会社に近づいていってます(^^)

アオリイカが沢山釣れるようになる本!!

日本の和の力が世界を救う!!

入社式がゴールじゃなく、大きく成長し活躍することを大切にしています