おつカレーさまです!

来月の金沢マラソン2020オンラインに向けてランニングの距離を少しずつ延ばしているカレー王子こと江口組4代目の江口充です!

少しずつ少しずつ距離を延ばしてスピードあげてきます!

江口グループ海岸清掃ボランティア

金曜日に江口グループの海岸清掃ボランティア活動を行いました!

夕焼けに照らされながら社員のみんなで草野海岸のごみ拾い頑張りました!

もちろんこの海岸清掃ボランティアを仕切ってるのは江口グループ若手社員の”江口スマイルプロジェクト”略してESPです!

ESP(Eguchi Smile Project)の活躍あってのボランティア活動

今回の活動もしっかりと仕切ってくれました(^^)安心して任せられますね!

江口組の工事をしている草野海岸

今回ごみ拾いを行った草野海岸は江口組が工事をしている海岸です。

ごみ拾いをした海岸から海を見ると1個35tの波消しブロックを据えたところ。そしてこの付近にもこれから海岸沿いにブロックを設置していきます!

江口組が設置した波消しブロック

工事現場周辺ということもあり、草野海岸を綺麗にしました!

ごみ拾いをしてビックリ!

めちゃくちゃゴミが落ちてます〜砂浜にも、そして草むらにも!!こんなにも落ちてるとちょっと悲しくなるくらいのゴミの量。

流れ着いたのもあるかもしれないけど、この付近にポイ捨てしたやろうヤツが沢山あって、ゴミ捨てるのはほんと止めて欲しいと思いますわ!!

草に巻きついたゴミ。
だいぶ前からあったんやろうな〜

こういうのは悲しくなります。

ゴミゼロを目指して!!

ちょっとした気持ちのペットボトル1本、タバコのポイ捨て1つかもしれんけど、それが積み重なって莫大な量のゴミが川散乱しています。

それが今問題になってるのが、プラスチックのゴミの問題。地球的な問題になっています。

このままいくと2050年には海の魚の数より多いゴミが海に浮かぶことになるそうです。

ゴミに対する意識。もっと高めて欲しいです!

ずーっと放置されてたであろうレジ袋や発泡スチロールのゴミは触るともうボロボロです。これが細かくなって海洋プラスチックゴミとなって、魚が食べてしまうという問題になってます。

ゴミはゴミ箱に!

この気持ちがあればきっと海はキレイになるはずです!!

このようなごみ拾い活動は大事ですが、そもそもゴミを捨てない!この気持ちがもっと大事です!

関連記事、人気記事はこちら!

ESP(Eguchi Smile Project)の活躍あってのボランティア活動

土木=Civil Engineering=市民のための技術

小松天満宮の浮島を力を合わせてピッカピカにしました!

人間は一人一人は違います。そして輝く場所も違います。

土木の力は無限大!ワクワク土木土木(ドキドキ)な土木です!