おつカレー様です!

今日は風の音で目が覚めたカレー王子こと江口組4代目の江口充です。

https://twitter.com/eguchance/status/1302759079241080834

まだ雨や風が強い地域もあるそうです。

ご安全に!!

Civil Engineering

江口組の仕事は土木。

道路や橋を造るインフラ整備って言われる仕事です。

この土木は英語で何ていうか知っていますか?

「Civil Engineering」っていいます。

Civilは、市民の、住民のという意味、Engineeringは工学、技術という意味です。

だからCivil Engineeringって「市民のための技術」っていう意味だと僕は思います。

土木は、英語では「市民のための技術」という大事な仕事だっていう意味にもなっている通り、本当に大事な仕事だと僕も自分の仕事を自負しています。

道路や橋を造るって言いましたが、決してそれが一番大事なことではありません。

これらを造ることで、市民の皆さんの暮らしが豊かになることが大事なことです。

暮らしが豊かになるだけじゃなく、災害に強いまちづくりをするために堤防を強化したり、耐震工事をしたりと、災害が起きたとしても市民の皆さんの生活が守れる安心安全なまちづくりをすることも大事な仕事です。

土木のイメージを変えなあかんなって思います

こんなにも素晴らしい仕事だし、自分は誇りに思って仕事をしていますが、土木っていうと一般の人からの印象が悪く、それが本当に残念だなって思います。

数年前に採用活動をしている時に大学生からこんなことを言われたことがありました。

「土木って将来あるんですか?」「親が土木の仕事は止めた方がいいって言うんです」

けっこうショッキングな言葉でした。

そして土木は3Kの仕事って言われます。きつい、危険、汚いという3K。

そして最近はそのKが増え、給料が安い、休日が無いというまたイメージが悪くなるようなKが増えてきました。

そんな印象があるのか、年々土木(建設業)で働きたいっていう若者が減っています。

それだけじゃなく、僕が大学の頃は土木学科っていう学科があり土木の勉強をしたのですが、今は土木の勉強をする学科は、都市創造学科、環境工学科などと名前が変わり土木の名前が消えかかっています。

寂しい話です・・・

土木はカッコいい仕事だよって発信することが大事

こんなイメージがついてしまうのも、土木業界って自分たちのことを宣伝したり、発信したりすることをこれまでしてこなかったから悪いのかなって思います。

土木の現場で働くってことは3Kが無いとは言いませんが、それを超える達成感や感動、そしてやりがいが工事現場には溢れています。

そのよさをどんどん発信し、いろんな人に知ってもらいたいなって思います。

働くって、給料をもらうことや自分の好きなことをするってことが大切だと思うけど、人の役に立つってことが何より大切なんじゃないかと思います。

土木はその要素がいっぱい!!

人の役に立つ仕事ができるのが土木です(^^)

Civil Engineering = 市民のための技術。

伝えることはもちろん、この想いを忘れずに人の役に立つ仕事をしっかりとやってきます!

関連記事、人気記事はこちら!

心を磨くと技術や知識は後から必ず付いてくる!!

建設業の使命。

工事現場も人と同じく個性があります。高いレベルを目指して欲しい!!

自ら風をつくる社長になる

多くの人が力を合わせて頑張ることが大事