おつカレー様です!

今日は娘の誕生日。早く家に帰って誕生日をお祝いしようと思っているカレー王子こと江口組4台目の江口充です!

建設業のイメージアップにチャレンジ!!

建設業の3Kと言えば昔から「きつい、汚い、危険」の3Kでした。

この3Kでのイメージが悪さが先走り、いっとき建設業で働くことを避けられることが多くて若者が入らなくなってきたことがあります。

このイメージを払拭しようと数年前から国土交通省や業界をあげてイメージアップに積極的に取り組んできたおかげで、そのイメージの悪さは少しずつ払拭されるようになってきました。

でも、やっぱまだまだやなって思うことがあります。

この業界で長年働く身になって思うと、この仕事はかっこいい仕事、誇りに思える仕事だと思います。

だから、まだまだイメージアップを頑張らなくちゃいけないかなって思います!

建設業の3Kとは???

「きつい、汚い、危険」の3Kではなく、国土交通省は「給与、休暇、希望」の3Kを推奨しています。

給与が低い、休暇が少ない、希望がないと言われてたらしい建設業において、「給与が多く、休暇があって、希望がある」建設業にしようということです。

他業界に比べると、こういう点が劣っていることはあるし、その改善は一生懸命頑張っています!!

でも、この3K少し違和感があったんです。

特に給与、休暇です。

この2つは大事なのは大事だけど、これが本当に大事かというとそうじゃないと僕は思います。

そう思っていた時に、素晴らしい3Kに出会うことができました!

感動、感謝、貢献の3Kがこれからの建設業には大事です!

一般社団法人建設業振興基金というところで、毎年「私たちの主張」という作文コンクールがあります。

その中で平成23年度に国土交通大臣賞を受賞した作文が本当に素晴らしかった!そしてその中に実に最高な3Kがありました!

ぜひ読んで欲しいです。

「建設業の3K」 柿崎 赳 (株)新庄砕石工業所

「感動、感謝、貢献」の3K最高でした!!

めっちゃこの3Kに共感しました。柿崎さんのこの作文が素晴らしく共感したこともあるんですが、そのころの江口組の経営理念にもあった言葉だったからです。

江口組の理念とマッチしたことが、めちゃ共感できたことでもあります!!

私たちはお客様の幸せな生涯を実現するために

感動、感謝、精進の心をもって

社会に貢献し信頼される建設サービス業をめざす

というものでした。

それから建設業の3Kは「希望、感謝、貢献」だと言い続けています。

僕は、給料、休暇は条件だと思います。条件がいいか悪いかじゃなく、やっぱ大切なことは本質です。

本質が大切だし、本質がブレないようにすることが大事です!!

その本質を示してくれた3Kが「感動、感謝、貢献」です。

建設業の仕事はこの3Kなんです。このために一生懸命頑張ることで、かっこいい仕事ができるし、誇りに思える仕事ができるんです!

感動、感謝、貢献。この3Kを掲げ、江口組も一生懸命頑張りたいと思います!!

関連記事、人気記事はこちら!

土木=Civil Engineering=市民のための技術

土木の力は無限大!ワクワク土木土木(ドキドキ)な土木です!

憧れの土木技術者をたくさん育てたい!!

土木は大変な仕事だからこそ味わえる大きな達成感と感動

建設業のカッコいい、可愛いを発信しよう!!