おはカレー様です!

昨日草むしりを頑張ったせいなのか、背中が筋肉痛のカレー王子こと江口組4代目の江口充です。

もう少しで復活です!

そして、そろそろ夏用のお花に植え替えの時期です。

木場潟が笑顔になるよう、笑顔いっぱいの花壇にしたいなって思います。

6月は江口組の決算月。最後の締めくくりの大事な月です

今月末江口組は決算です。1年の締めくくりの大事な月になります。

これで社長になって5回目の決算。

今期は社員みんなの頑張りのおかげで、いい感じにゴールできそうです。

コロナ禍で大変な環境の中、ほんと有難いことやなって思います。

ただ「これでOK!」、「もうこれでいいや」とか、気が緩まないようにしなくちゃいけないなって思います。

最後の日まで気持ちを引き締め、少しでもいい結果になるように頑張りたいなって思います。

この気持ちの持ちようがとても大切なような気がします。

いいスタートダッシュが切れるように、最後まで気を抜くことなく頑張ります!

6月末で決算を迎えますが、7月からは新しい1年が始まります。

企業はこれで終了っていうことじゃなく、永続的に経営は続きます。

今年1年みんなでがんばったけど、7月からまた新しい1年が始まりみんなでチャレンジがスタートします!

やっぱいいスタート切りたいですね~。スタートダッシュでずっこけないように、今は来期の目標や計画を考えています。

またこの計画だけが大事なんじゃなく、やっぱ気持ちがとても大切だと思います。

そのために、さっき言った今期の残りの期間を「これでいいや」じゃなく、「最後まで少しでも上積みできるよう頑張る!」この気持ちがいいスタートを切れる原動力になるんじゃないかと思います。

一度落した気持ちってなかなか上向きになることは難しいです。

社員のみんなには、一生懸命頑張り過ぎて気持ちが張りすぎると、その反動が激しくて落ち込み過ぎることもあるし、気持ちの持ちようって難しいですが、いいバランスで、いい気持ちの状態で熱く冷静に決算月を迎えて欲しいなって思います。

難しいけどバランスやなって思います。

いいバランス感覚を持って欲しいっすね!

決算書は社長の通信簿やなーって思います

さて、決算書は『社長の通信簿』だという話を聞いたことがあります。

1年の成績が数字になってリアルに表れてくるからまさしくその通りなんだなって思います。

決算書には損益計算書、貸借対照表の2つがあります。

損益計算書はまさしく1年通しての社長の通信簿だなって思います。儲かった儲からんかったが目に見てすぐに分かるもんです。

また貸借対照表は、経営を長年続けてきたことが積み重なったものが数字となって表されたものだなって思います。

これ1枚でいろんなことが分かりますもんね。

通信簿がよくなることを目的としているわけじゃありませんが、やっぱ決算書はいい方がいいなって思います。

そうなるために、いろんなことをしなくちゃいけないし、がんばらなくちゃいけません。

がんばった結果が、通信簿よかったねって言えるようにしたいです。

今期は残りわずかです。しっかりとやったことが成果として目に見えてみんなで「よかったね~がんばったね~」って言えるようにしたいなって思います。

そして来期のいいスタートダッシュにつながるように!!

 

今日もブログを読んでいただきありがとうございました!

関連記事、人気記事はこちら!

新入社員研修を終えた2人に社長から贈った3つの言葉

自ら風をつくる社長になる

庭づくりを通して学ぶ現場監督の仕事。インターンシップ参加者募集中です!

「紙よりスマホ、文字より写真」これが高校生たちの当たり前!Twitterはやっぱ採用活動には効果的!

今日は決算日。1年おかげさまで終わりました(^^)感謝です