おつカレー様です!

江口組も参加している北陸新幹線小松駅他高架橋工事の2.6km区間がつながりました!

とても感慨深いものがあるカレー王子こと江口組4代目の江口充です。

完成まで頑張ります!!

新しいユニフォームでカッコいい写真が仕上がりました!

先月、新ユニフォームになったことを記念してカメラマンさんに写真を撮ってもらいました!

それが仕上がってきました〜!!ありがとうございます

どの写真もカッコいい写真ばかりで最高です。なんか嬉しいですね〜(^^)

1000枚を超える写真を撮ってもらったそうで、その中から厳選された写真を300枚。

めっちゃ沢山ありがとうございます!!

その中から自分が好きな1枚はこれです!

県知事賞を受賞した手取川橋梁A1橋台

こないだ石川県知事賞を受賞した手取川橋梁A1橋台の前でみんなで撮った写真です。

みんなでこれ造りました!っていう感じが出ていて好きです。

土木はみんなで力を合わせてする仕事。だからこそ辛さは半減、喜びは倍増!!

この写真に写っている左側から2番目の長谷川さんがこの現場の現場代理人、そして右から4番目の酒井夢大くんが現場技術員として頑張った現場です。

2人が中心となって協力会社の人たちと力を合わせて造った橋台。

でも、この写真に写っている人、また写っていない人もいろんな形で関わりみんなの力を合わせて造った橋台なんです。

忙しい時には助っ人に来た人、安全パトロールでしっかりとチェックしに来た人など、いろんな人の関わりで出来上がった橋台です。

この現場に関わらず、土木の現場は多くの人の力を合わせないとできない仕事です。

今工事をしている北陸新幹線は、1日200人もの人が一緒に働いています。

江口組の現場はそんなに大きくはないですが、1つの現場で1日10人近くで工事を進めています。

誰一人欠けてもできないし、みんなの力が合わさらないといいものはできません。

それをまとめているのが、江口組の仕事。現場監督の仕事です。

人をまとめるのは大変だし、責任感もあって大変だけど、こうやって一緒に働く仲間がいるから大変さも半減するし、また感じる喜びは1人の時より倍増、もしくは何倍にも感じることだってあります。

だから仲間と働くって最高やなって思います。

みんなとの繋がりを大事にして工事は進んでいます。

和の力を大切にする江口グループ

江口組、クリエイション江口の江口グループは社員と社員との繋がりを大事にしています。

それを「和の力」と言っています。

心と心がしっかりとつながった和の力。その和の力で地域の皆さんの笑顔が生まれる仕事。そしてありがとうを言ってもらえるようにと日々頑張っています。

いろんな形の仕事があります。

一人で一生懸命頑張る仕事、パソコンに向かってする仕事。

江口グループは一人じゃなく、みんなで力を合わせてする仕事です。だからこそ和の力が必要なんです!!

我が社だけじゃなく、建設業の仕事はそういうことが多いです。

だから、友達と遊ぶのが好きとか、みんなでやることが楽しいとかっていう人には建設業の仕事がオススメです。

江口グループも和の力を大事にして頑張っている会社です。

仲間と働くことが好きな人待ってます!!

って最後に求人みたくなりましたが、今日言いたいのは和の力が大事ってことです!!

関連記事、人気記事はこちらです!!

土木は縁の下の力持ち。目に見えないからこそ土木の価値がある

「和の力で輝く心が、みんなの笑顔と有難うを創造する」

「心」

和の力が試される時がきたなって思います。

石川県で一番SNSを発信している会社のブログは個性が輝き面白いです