スタッフブログ

災害から小松市を守る。梯川の強い堤防が完成しました!

おはようございます!

CHIKACOです。

年度末は卒業式や人事異動などでバタバタしている雰囲気が沢山ありますね。

私の息子も先週小学校を卒業しました!

さて、江口組は異動などはありませんが完成を迎える工事がいくつかあり最後の追い込みで慌ただしくなっていました。

千代築堤工事が完成しました。

小松市千代町の梯川で工事をしていた「千代築堤工事」が無事に終わりました。

ICTを駆使して堤防を造ったこの現場です。

ドローンで測量し、データをユンボやブルドーザに入力し工事を行います。

そして完成したら、再びドローンで測量し、設計通りにできたかどうかを確認します。

そうやって行った現場です。

土木の現場の進歩はとっても早いそうです。

私はチンプンカンプンなのですが・・・笑

国土強靭化のために!

この現場は国の国土強靭化計画の一環で行った工事です。

ここ最近大雨などにより堤防の決壊がありました。

また台風や地震・・・様々な災害が起こり日本各地で大きな被害が出てます。

もし大雨が降っても堤防が決壊しないように、強い堤防が必要です。

そのために国は国土強靭化計画を立てて、防災減災の仕事をしています。

この工事もその一つで強い堤防を造り、梯川の災害を防ぐ工事でした。

小松市のまちを守ります!小松市民の皆さんの生活を守ります!

CHIKACOの部屋でもご紹介しています。

この千代築堤工事にはCHIKACOがお邪魔して、担当の松原さんにインタビューしました!

松原さんは、詳しくお話をしてくれました!

ぜひそちらもご覧になってもらえたら嬉しいです(^^)

 

江口組の仕事は土木。

土木は人の役に立つ仕事。

皆さんの暮らしを守り、豊かにする仕事です。

これからも地域のためにみんなで力を合わせて頑張ります!