おつカレー様です!

今朝は社員が資格試験に合格したという報告を受け、朝から嬉しい気持ちがいっぱいでスタートしたカレー王子こと江口組4代目の江口充です。

https://twitter.com/eguchance/status/1357120122142425088?s=20

おめでとう!!

江口組が全国紙に登場しました!!

業界紙である日刊建設工業新聞さんの「やっぱり!マイ・ユニホーム!!」のコーナーに江口組を掲載してもらいました〜

新しくなった作業服のことを取材してもらいました。

まさか全国紙から声がかかるとは思わなかったので驚きです。

紙面に掲載していただくと、気持ちが引き締まりますね!

そして、日刊建設工業新聞さんのブログにも出たました!

江口組「100周年記念でリニューアル」

ありがとうございました!!

でも、記事を書いた時にこの新しい作業服を作ってもらったユニフォームネクストさんのことを書いたのですが、スペースの関係かそこはカットされてたので残念でした。

エクスマ思考を体感させてもらいました。

新聞では記事がカットされてしまいましたので、自分がユニフォームネクストさんとのことを書こうと思います。

ユニフォームネクストさんとのご縁はちょうど1年前に、企業訪問させて頂いたことがきっかけでした。

カッコいいユニフォームが16万着もそろうユニフォームネクストさん

その時に書いたブログです。

当時は、まだ新しい作業服をお願いする予定は全くなく、カッコいいユニフォームがいいな〜自分たちも欲しいなっていうくらいでした。

それから、しばらくして作業服を作ろうってなった時に、いろんな会社に話を聞き、パンフレットを見せてもらいました。

その中からユニフォームネクストさんとご縁があり新しい作業服をお願いすることにしました。

なぜ、ここに決めたのかというと、作業服を売らなかったってことです。

江口グループの作業服が新しくなったら、どうなるかってことをすっごく考えてくれて提案をしてくれました。

すみません。他のメーカーさんの作業服もかっこよくて、機能性に優れたものがたくさんありました。でもそこまででした。

そこが大きく違ったところです。

新しくなったら、こんな良いことがありますよとか、作業服に自分たちの想いや価値観を込めてくれたりと、作業服だけど作業服ではなく、我が社の理念が形になったかのような作業服を作ってもらいました。

これはエクスマの「モノを売るな!体験を売れ!」の考え方です。

あなたの商品やサービスがどういう体験を与えてくれるのか。
どんな問題を解決してくれるのか。
どんな素敵な生活を実現できるのか。
どんな意味があるのか。

これが価値を売るっていう考え方です。ユニフォームネクストさんはまさしく、価値を売ってくれました。

そのおかげで、みんなが満足する新しい作業服が完成したということです!!

そして、取材を受けた時に工事部の酒井くんがこんなコメントを言ってくれました。

「新しい作業着を着ての仕事はとても気が引き締まる思い。新しい作業着はとても動きやすく、作業がしやすい」

このコメントを読んで、機能面で動きやすいだけじゃなく、気持ちも最高の状態にしてくれたなって思いました。

ユニフォームネクストさんから「モノを売るな!体験を売れ!」を教えていただきました。

自分たちもこのような提案をしなくちゃいけないなと勉強させてもらいました。

ありがとうございました!!

ユニフォームネクストさんは16万着の作業服が揃う福井にある会社です

担当して頂いた佐々木さん、増田さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました!!

自分の想像を超える提案をたくさんしていただきました。

今、作業服が新しくなったので新しいヘルメットもお願いしています。

春には完成予定なので楽しみです!!

ユニフォームネクストさんは福井県福井市にある会社です。

ユニフォームネクストホームページ

工事現場の作業服だけじゃなく、いろいろなユニフォームをお客様に提案している会社です。

扱っている数が16万着ととんでもない数字です。

数だけじゃなく、ブログに書いたように素晴らしい提案をしてくれます。

会社のユニフォームを新しくしたいなって思ったらぜひユニフォームネクストさんへご相談ください!!

 

最後までブログを読んでいただきありがとうございました!

 

関連記事、人気記事はこちら!

江口グループ新作業服が完成しました!胸に刻んだ『EGST』の想いとは?

CHIKACOの部屋Vol.19「新作業着のEGSTの秘密に迫ります!」

「和の力で輝く心が、みんなの笑顔と有難うを創造する」

江口組の100年の歴史がつまったモノ。歴史に触れて感動しました!

土木の魅力を発信することで、いい成果がでた本当の理由