おつカレー様です。

明日は小松商業高校から5名、江口組に会社見学に来てくれます。

CHIKACO姉さん、村木さんと一緒に歓迎したいと思います!

今日はその打合せをしてからの収録を行いました。

皆さんお楽しみにしててください!

皆に愛される梯川

NEWS CHIKACOではこないだ江口グループ安全協議会で行った小松天満宮の清掃ボランティア活動についてCHIKACO姉さんがキャスターとしてニュースを読み上げました。

小松天満宮の浮島周辺をはじめ、梯川の堤防沿いはランニングやウォーキング、そして散歩など地域の皆さんの憩いの場になっています。

そして、ボート部の中高生が練習で使ったり、これまでオリンピック選手も排出した場所でもあります!

そして国交省では、インフラツーリズムとして全国に向けて発信もしています。

みんなに愛されている梯川。嬉しいっすね〜(^^)

もっともっと地元の人たちに利用されて、愛される場所になって欲しいです。

洪水から街を守る工事が行われている梯川

この梯川は洪水の恐れがあるということで、何年もかけて河川の改修工事を行っています。

昔は洪水が何度も起こっていたそうです。

小松天満宮が浮島になったのもこの改修事業の一環です。

現在、小松天満宮から下流にかけてはほぼその工事が終わり、こうやって地域の皆さんが楽しむ場所になっています。

こういう流れは工事に携わった人間としては嬉しいことです。

住む人の生活や命を守るために、河川の工事をすることは大切なことです。

でもそれだけではなく、工事が終わった後にこんな風に利用してもらって楽しそうに、みんなの笑顔が見られることは本当に嬉しいことです(^^)

安心安全な暮らしを守ること、そして笑顔を創ること。そんな仕事を僕は誇りに思える仕事だなって思います。

これからの建設業はこうあるべき!

これまでの建設業の仕事は、いいモノを造ることがいい仕事だという自負があったように思います。

でもこれからの時代は造るだけじゃなく、使ってもらって喜んでもらう。

そこまで考えて仕事をすること、造ったモノ、完成したモノを使う人たちの笑顔を見ながら、想像して仕事ができるかどうかってことが大事なことになってくるなって思います。

いいモノを造ることは当たり前。

そして、こういう考えを持って仕事をすることが大事だと僕は思います。

だから、この梯川のように、地元の人たちに沢山使ってもらいたいし、沢山の笑顔をこの場所でみたいですね!

こんな仕事をこれからもやっていきたいなって思います。

僕もランニングしながら、梯川を楽しみたいなと思います!!