おつカレーさまです!

明日は娘のボート部引退レースがあります。

今日は前日練習を見に行ってきたカレー王子こと江口組4代目の江口充です。

明日は頑張って欲しいです(^^)

笑顔と無愛想の話。

挨拶、そして笑顔って人とのコミュニケーションにとって大事ですよね!!

そう笑顔って大切です。

江口グループの理念にも「笑顔」という言葉が入っていて、とても大切だと認識しています。

江口グループ理念

「和の力で輝く心が、みんなの笑顔と有難うを創造する」

さて、その笑顔の話ですが、こないだ「飛び抜けた技術、もしくは商品力があったら笑顔って別になくてもいいのかな」って思うことがありました。

無愛想でもお客さんがちゃんと来てくれるんだなって感じたことがありました。

僕のお気に入りのあるお店があります。

そこはいつ行ってもお客さんでいっぱいです。お客さんがお店の中にいっぱいで、なかなか入れないこともあるくらいです。

僕はそのお店の商品が大好きだし、そのお店のある商品はこの地域じゃ一番やなって思うくらいなモノもあるんです。

そして、そのお店は老若男女問わずみんなが大好きなんじゃないのかなって思います。

でもね、そこの店員さんめっちゃ無愛想なんです。

それはずーっと前から(笑)

普通、無愛想な人のとこって行きたくないじゃないですか。

できたら愛想のいい人、笑顔がよくて、挨拶が気持ちいい方がいいに決まってますが、そのお店はなんか違うんですよ。

ある店員さんの無愛想さが飛び抜け、他の店員さんも決して愛想がいい感じではありません。

でもお店はいつもいっぱい。

これはある意味すごいなって思います。

ずっと前からそうなんで、たまに店員さんたちの愛想がよいと気持ち悪いくらいです(笑)

だからと言って、笑顔や挨拶が必要ないっていう話ではありません。

無愛想でも飛び抜けた商品力

飛び抜けた商品力、技術力、ここにしかないモノ、ここに行かなくちゃ手に入らないという、飛び抜けているモノを持っている人やお店だったら、そういうことじゃないんだなって思います。

飛び抜けるモノを手に入れるまでの努力があり、それが積み重なってお客さんにとってはたまらないサービスになっているんだと思います。

テレビとかで、めちゃくちゃすごい職人さんってめっちゃ恐い人が多かったりしません?

でも、その人から買いたいって思う。その人が作ったモノが欲しいって思う。

自分たちも、江口グループでしか買えないという、そういう商品力を持ちたいなって思いますね。

でも、やっぱ笑顔がいいですよね!

でも、無愛想よりか愛想がいい会社であり、社員がいる会社の方が楽しそうだからいいなって思います。

それと建設業にとっては笑顔や挨拶はとっても大事だと思っているから、疎かにすることはできません。

笑顔や挨拶がいいっていうのは、会社にとっては入り口やなって思います。本質はお客様に喜んでもらえる商品があるかどうか。

両方磨いていきます!!

そして今日のアイキャッチ画像は江口組のりある入り口(受付)にいるいつも笑顔が絶えない総務部の女性陣です!