スタッフブログ

「福利厚生」は社員のことを考えてくれている素敵な制度

みなさまお久しぶりです。CHIKACOです。

最近、「北陸の冬だなぁ」な気温が多くなり、いよいよ冬本番。
雪が降らないのは少し寂しいけど、降りすぎるのは困るので、ちょうどいい感じ希望です。
今年はカメムシの発生が多かったらしく、おじいちゃんたちは
「今年は大雪やわ~」と言っていたので、今から心構えをしておきます。

福利厚生って本当にありがたい制度

今回は江口組の福利厚生のお話を少し。

まず、社員の健康を考えてくれてるお話。

福利厚生でジムが社員は無料で、家族は同伴したら500円で使えるんです。
「福利厚生」って、最近企業説明などに行くと良く質問されます。
今の就活中の若い人達は、気になるポイントみたい。

あとは、ツエーゲン金沢の観戦などもあります。

他によく就職説明会で聞かれるコトは、産休育休。
今の若い人達ってしっかりしてます。
わたし、働くときそんなこと一切考えてなかったです。

世の中に取り残される感じ

私が江口組に入社したのは、2011年の12月。その時はパートでした。

長男が3歳、次男が2歳。次男の入園と同時に働き始めました。
だんだんと仕事にもなれてきて、長男が小学校に入学する年に三男妊娠。
すごく複雑だったのを覚えています。この子には絶対会いたい。
けど、仕事はやめたくない。
ずっと職場に言えなくて、先輩にだけ言って、つわりとたたかう日々。

当時の社長の奥さん(現会長の奥さん)と総務部長に「実は妊娠しました」と打ち明けた時、
お2人とも、ものすごく喜んでくださって、私…職場で号泣してしまいました。

その時はあまりなかったと思うんですが、パートだったにも関わらず、産休育休を頂けました。

2014年の8月に三男が誕生し、3人の男の子のママに。
まぁ、、戦いの日々(笑)。まだまだ甘えたい上2人。全然離れてくれない末っ子。
子育てをしてる間も「この子が1歳くらいになったらまた働きたい」「けど戻れるかなぁ」って気持ちは心のどこかにありました。
そして、産休育休中の人は、もしかして感じた事があるかもしれませんが、なんだか世の中から取り残されてる気分。
たまに不安。
別に本当に取り残されてるわけでもないし、日々楽しい。我が子は可愛い。
けど、なんだかそんな気持ちになってました。

三男が10か月のころ、会社から電話があり、「戻ってきてくれますか?」と。
もう、、、嬉しくて「はい!!もちろんです!!」と即答しました。

そして、三男が4歳になった2018年。
今の総務部長とパートの更新のときに「社員になりますか?」とお話がありました。
これも即答したら、部長に「1回家族で話し合っておいで(笑)」と言われました。

社員になって、今も楽しく働いています。

みんなが家族。それが江口組。


江口組って名前は怖いんですが、本当にアットホームな会社です。

「働いてるし、良い風に言ってんじゃないの?」ではなく!!本当に。

江口組にいるときだけ、私が私なんです。娘でも、嫁でも、母でもなく、私。

そりゃ楽しいことばかりじゃないけど、今の私にとっては貴重な場所です。
そんな職場はなかなかないです。
こんな時代だからこそ、あたりまえに感謝し、日々過ごしていきたいです。

始まった企業説明などで、学生さんたちに江口組の魅力が伝わるように頑張ります。

 

長文ブログ、最後まで読んでくださりありがとうございました。

CHIKACOの部屋、土木Qもよろしくお願いします。
https://www.youtube.com/channel/UCaMvIGSgbTfPTwKIIECsZeg

 

江口組の採用についてもっと知りたい方へ

一緒に働いてみませんか?新卒・中途で募集中です。 詳しくはこちらを御覧ください!