メンバーストーリーズ

MEMBER STORIESメンバーストーリーズ

建設業界や土木系で頑張る女性=ドボジョ。
江口組に入社したドボジョそして、男性社員のドボオに本音を直撃!

CHIAMI MATSUBARA松原 小亜美

建設業界や土木系で頑張る女性=ドボジョ。
全国的にも増えているけれど、業界はまだまだ男性メイン、
「女性でも大丈夫?」の声も多いはず。そこで江口組のドボジョ、
松原小亜美さんに本音を直撃!

  • 建築や土木へのイメージは?

    やはり3K(きつい、汚い、危険)のイメージが
    強かったです。でも、高校の時、インターンシップで江口組に来てみてビックリ! 3Kのイメージは無いし、キレイで清潔。良い会社だなぁと好印象でした。

  • ドボジョになったきっかけは?

    インターンシップ後、就職のために数社、企業説明会に行きました。でも、他社に比べ、江口組の印象が良かったのと、社員が皆、楽しそうだったこと。
    この2つが決め手になって、楽しい会社で仕事をしようと、江口組の“ドボジョ”になりました。

  • ドボジョと呼ばれることに抵抗は?

    抵抗はありません! 建築や土木の仕事というイメージが付くので良いと思ってます。ただ、ちょっと語呂が悪いかなぁという感じはあります。

  • ドボジョになって良かったことは?

    ドボジョという言葉が広がってきているので、身内や友人に興味を持ってもらえるのが嬉しいです。また、「土木の仕事してるんだ、スゴイね!」と言われることもあります。

  • 男性が多い職場ですが、困ったことは?

    ありません! 例えば、よく現場のトイレのことを聞かれますが、江口組ではまったく問題なし。
    男女別のトイレが設置されていて、女性用は着替えなどが
    出来るようにスペースも広めです。
    また、現場には必ず現場事務の女性社員がいて、女性同士
    いろいろな相談ができるので心強いです。

AJICHI SYOYO畦地 翔葉

こちら、土木女子ならぬ土木男子。
江口組への入社の決め手や今、頑張っている現場のこと、
仕事で面白いことなど、フレッシュな畦地翔葉さんに聞いて
みました。

  • 江口組に就職したきっかけは?

    社内でデスクワークというよりも、屋外で動き回り
    ながら働きたかったこと。地元企業という安心感と、
    休日数が多かったことも決め手になりました。

  • ズバリ、仕事は楽しい?

    楽しい! もちろん知らないことや分からないことも
    まだ多く、覚えることがたくさんあって大変ですが、
    現場スタッフがいろいろと教えてくれるので大丈夫。
    また、自分の祖父世代のスタッフも多く、会話も面白いです。

  • 今、どんな現場で、どんな仕事をしてるの?

    北陸新幹線の金沢~福井間の現場監督として、
    桁の基礎を打っています。平成32年2月までの長丁場!
    今、作業中の部分は完成すると見えなくなってしまう
    (不可視)部分なので、品質管理が重要です。
    作業前の準備を完璧にして、工事を進めています。

  • 今後の目標は?

    玉掛けや移動式クレーンの資格は高校時に取得済。
    今は、施工管理技士2級の資格取得を目指して、勉強中です。資格を取得すると取得お祝い金も出るし、手当もつきます!

  • 会社の好きなところは?

    人間関係が良好なところです。
    年齢層は幅広いですが、皆気さくです。分からないことや疑問に感じていることも、遠慮することなくすぐに質問できる環境です。