社員の成長は社長の楽しみ

   

社員の成長が社長として本当にうれしいです。

 

お客さんに喜んでもらえた!目標が達成した!表彰がもらえた!

仕事をしているとうれしいこと楽しいことがあります。

 

そんなうれしさ、楽しみの中でも、社員の成長を感じることができることがあった時は本当にうれしいです。

 

できなかったことができていたり。積極的にチャレンジできるようになったり、試験に合格したりといろんな嬉しいことがあります。

 

そんな中で、社員のFacebookを見てとってもうれしくて、うれしすぎて涙が出てきたことがありました。

 

江口組に入社して4年目の現場監督の小山さん。

彼女は中途採用で江口組に入りました。

 

小さい時から、現場で働きたいという夢があったのですが、高校卒業当時に現場で働く女子の求人がなく他の仕事に就きます。

 

でも自分の夢を追い続け、ご縁があって江口組に入社してくれます。

それから工事現場で現場監督してがんばってくれています!

 

その小山さんのこないだのFacebookに感動しました。

 

小山さんの投稿を引用します。

 

今日は感動的な出来事が。

長文になります。(インスタなのに)

入社してから3年ちょい。

仕事に厳しいお方で、

とっても腕のよいオペさん。

尊敬している。その方に・・・

褒められた。

仕事が出来るようになるまで、

名前なんか呼んであたると思うな。

周りが呼んでもオレは呼ばん。

とまで言い切る人なんです。

ガンコ職人ジジイを思い浮かべた

そこのあなた!違うんです!

そこそこ若い方なんです!

今日ふと、一緒に軽トラに乗った時

小山さん、、、

仕事がさまになってきたな、、

合格や。

(衝撃的であんまり覚えてない)

 

えぇぇぇぇぇぇぇぇ。

 

最近丸くなったなぁ。と思ってた。

え?違うの?私が成長したの?え?え?困惑!笑

 

今江口組には女性現場監督が3人います。

その3人の中で小山さんが一番初めに入社してくれました。

 

後の2人は小山さんに憧れて入社しれくれました。

小山さんの姿がカッコイイ!!って思ったそうです。

 

現場でヘルメットをかぶって働く姿は社長の僕もカッコイイなって思います。

でも江口組にとって初めはたった一人の女性現場監督だったから、いろいろと苦労したことがあったと思います。

 

それでも一生懸命頑張ってた小山さんが、こうやって認められたってこと本当にうれしいです。涙流れちゃうよ~!!

 

今の現場では現場代理人としてデビューしました。

彼女にとっても初めての現場代理人だけど、江口組にとっても女性が現場代理人になることは創業して98年初めてのことです。

 

期待しています。

でもこの期待をプレッシャーに感じずに、小山さんらしくやって欲しいです。

 

社長の楽しみが増えました(^^)

 

最後に、小山さんは小さい時に除雪車の運転手に憧れて現場で働きたいって思ったし除雪車を運転したいそうです。

 

この夢も実現して欲しい!

除雪車をカッコよく乗りこなす彼女を見てみたい。

 

楽しみなことだらけです(^^)/

 - ブログ

  関連記事

no image
地震の被害が大きくないことを祈り、安全を願います

昨日の夜、熊本で起きた地震。 ニュースを見ると段々と被害の大きさがわかってきます …

スマイル花壇の草むしりを行いました!

おはようございます。 江口グループが木場潟南園地で創ったスマイル花壇の草むしりを …

審査員特別賞を受賞しました!!

江口組の本社前の花壇をフローラル花いっぱいコンテストに応募したところ、「審査員特 …

一年かけて行った募金活動。社会福祉協議会へ寄付させていただきました!

一年かけて、社内のみんなで行ってきた募金活動。 江口グループの若手3人が集まった …

わくわく倶楽部4月号。

おはようございます(^^)/ 江口グループわくわく倶楽部の4月号が発行されていま …

インターンシップフェスに参加してきました

昨日はジョブナビ石川主催の「冬のインターシップ&業界フェス」に参加してき …

かわいいお手紙をもらいました(^^)/

子ども現場見学会に参加してくれた子どもたちからカワイイお手紙をもらいました〜(^ …

ただいま試験勉強中!

秋は資格試験の季節です。 土木施工管理技士2級の試験を受けるメンバーを対象に試験 …

2017年の江口組の仕事を振り返る動画が完成しました!

2017年の江口グループの1年間の現場での仕事ぶり、それと行事をまとめた動画を作 …

高校生に土木の現場について話をしてきました!!

小松能美建設業協会と加賀建設業協会が合同で小松工業高校の生徒たちとの意見交換会を …